トクマ亭?読書・社会科学・・・
このブログは、僕が読んだ本の感想をはじめとして、社会科学について、現代の政治や経済についての意見等を書いていくつもりです。日記に関する意見などは、どんどんコメントしてください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロッパとアメリカと日本
ヨーロッパとアメリカ、日本の考え方の違いについて、考えてみようと、最近思っているんですけど、
授業を受けて、思うところはあるんですが、いまいち、まとまらない。

この3つの地域をのみとらえることは、やはり少し遅れた見方となっているのかもしれません。
最近、高成長を実現している中国や、アジア諸国、それに、資源外交をもとに発言力を増している、
ロシアやブラジルなど、そしてアフリカ諸国。
こうした国々があり、そこを踏まえて世界を見ていかなければいけない時代、というのも確かだと思います。

しかし、この移行期において、私はまだ、ヨーロッパ、アメリカ、日本という3つの地域で世界を語ることは意味を失っていないと思うし、パラダイム変換に際して、この3地域のいずれかから、新しい発想が出てくると思うからです。
依然として、世界の大国であることには変わりないのですから。


ここで、上記3つの地域を取り上げたのは、私の経験上、その3つの地域についてしか知識がなかったからです。
ただそれだけの理由です。


さて、ここで話したいのは、ホントに3つの地域では、考え方に違いがあるってことなんですね。
印象から言うと、

・ヨーロッパは、何となく「コミュニティー」を大切にするという空気を持っている。コミュニティーの一員であるということをしっかり認識して、それを維持していくことを最初に考えているように思います。

・アメリカは、間違いなく「自由」と「独立」です。この二つを守り、この原則の中で生きれれば、それでいいって感じです。

・日本は、少し形容しがたいんですが、「建前」上は、「和をもって貴しとなす」「コミュニティー」を大切にする、です。しかし、「本音」の部分では、基本的には自分のことしか考えていない、というかなんというかそういうところがあります。

これは、たとえば、大金持ちの行動に表れていたり、祭りに表れていたり、いろんなところに顔をだしていると考えられます。ここから、具体例を書いていきたいところなんですが、全然まとまっていないんで、今日はここらへんで。
皆さんも、すこしこういう視点をもって、世界をみてみると面白いかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/01/15 14:39】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/01/22 15:17】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/02/05 07:50】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/11/07 17:25】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/02/06 20:34】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://dokusyo1tokuma.blog120.fc2.com/tb.php/77-3158b05d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます 【2012/11/16 19:15】

最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



来亭カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログランキング

ブログランキングに参加しました。あまり、制度がよくわかっていませんが、どうかひとつ、ぽちっとな。

FC2ブログランキング



プロフィール

トクマ法師

Author:トクマ法師
ナフザンス法定大学教授(不穏分子因果論)



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。