トクマ亭?読書・社会科学・・・
このブログは、僕が読んだ本の感想をはじめとして、社会科学について、現代の政治や経済についての意見等を書いていくつもりです。日記に関する意見などは、どんどんコメントしてください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後藤新一  『高橋是清ーー日本の“ケインズ”』
今日は、授業の期末レポートを作るために読んだ本。
引用がおおくて、少し読みにくいところもあるかもしれないけど、高橋財政のこと、日本が戦争に向かっていった背景が(財政面から見て)よくわかる。

目次
1部 金融危機高橋是清
 1金融恐慌の勃発
 2難局に処す高橋是清
2部 金解禁高橋是清
 1浜口内閣の金解禁
 2金解禁高橋是清
3部 赤字国債と高橋是清
 1金輸出再禁止と高橋蔵相
 2赤字国債と高橋蔵相
付表 高橋是清の大臣歴

時代を追って金融恐慌の発生から、金解禁、そして金輸出再禁止、そして放漫財政、赤字国債、二・二六事件まで。重要事項を中心に、その考え方や具体的な数字、回顧録などの資料を頻繁に用いて、しかしそれでもわかりやすく述べてくれています。高橋財政を概括的に学ぶには最適の一冊ではないでしょうか。

 当時の蔵相(高橋是清を中心に。)の財政に対する熱い思いと信念が伝わってくるよう。
金解禁を実施し、緊縮財政をして産業合理化をなさしめんとした井上準之蔵相。これは、当時の人々に大きな負担を負うことであった。しかし、浜口首相はラジオで国民に訴えかける。
「…けれどもこの緊縮、節約、金解禁のためにおこるところの不景気は、これは一時の不景気でありまして、この一時の不景気を乗り切ることによって、始めて本当の景気の回復が期し得られるのであります。………即ち財政の緊縮といひ、勤倹力行といふことも、畢竟するに将来大に伸びんとするために一時屈するのであります。我々は国民諸君と共にこの一時の苦痛を忍んで、後日の大なる発展を遂げなければなりませぬ。」
 
 また、井上らの政策は結果としてうまくいかなかったが、それを受ける形で登場してきた老翁・高橋是清は、すぐさま金輸出再禁止を行う。そして、有効需要創出のため、農村不況を脱するため、時局匡救費として、膨大な予算を組み、赤字国債を発行した。彼がそれらを日銀引き受けにしたことが、後に戦争に向かう一つの要因と言われるのも、このことである。
 ところで、しかし、こうした政策は、すぐ後にケインズによって唱えられる説であるが、当時の老翁・高橋是清はケインズの域にまで達していたことを示し、日本が他の先進諸国に先駆けて恐慌を脱出できたのも、この大臣によるところが大きい。

そして、景気が回復し、赤字国債が国の負担となり始め、悪性インフレの危機迫る頃、高橋蔵相は軍事費の抑制に取りかかる。
「唯国防のみに専念して悪性インフレーションを惹き起こしその信用を破壊するが如きことがあっては国防も決して安国とはなり得ない。」
との考えを持って、軍部の要求を退け、財政健全化に向かおうとしていたまさにそのときに、彼は二・二六事件によって、なくなったのである。

評価も分かれると思うが、そこにはあの苦しくて、大変な時代を生き、そこになんとか光明を見せようと努力した老蔵相に敬意が伴っていなければならないと思うのである。

高橋是清―日本の“ケインズ” (1977年) (日経新書)高橋是清―日本の“ケインズ” (1977年) (日経新書)
(1977/06)
後藤 新一

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

確かに高橋是清はケインジアンですね。
積極的な公共投資によって、不況を改善する。
現在では忌み嫌われている積極財政の先駆者です(笑)

ただ、高橋是清のおかげで景気回復というのは少し、
結論を急ぎすぎているきらいがあるように思われます。

アメリカの世界恐慌からの立ち直りの原因を
ニューディール政策ではなく、第二次世界大戦に
求める論文も多々あります。
それから考えると、日本の場合も財政政策ではなく、
戦争特需の可能性が高いかもしれません。
【2008/05/24 17:56】 URL | 半山 #- [ 編集]

高橋財政について
コメント、ありがとうございます。

返事が遅れて、申し訳ありません。

さて、ご指摘の件ですが、ニューディール政策については、おしゃるように、景気回復は同政策によるというよりも、第二次世界大戦の結果によるものが大きいようです。(全く知りませんでした!!(^^ゞ)

高橋財政についても、たしかに、同じ需要創出効果を狙った政策で、よく似た政策です。
しらべたところ、高橋是清は、高橋財政以前の不況の状態を脱するため、「一時の便法」として、日銀引き受けによる赤字国債を発行し、需要を創出しました。その後、景気が回復したところで、一転して、財政均衡を図り、軍事費を抑制しようとしました。しかし、これに反発した軍部が、二・二六事件で、同蔵相を殺害し、際限ない軍事費の増大につながっていったようです。

高橋財政の評価は分かれているようですが、僕自身は、赤字国債発行や日銀引き受けの際に、もう少し配慮が欲しかったとは思いますが、評価しています(^0^)
【2008/05/27 19:53】 URL | トクマ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://dokusyo1tokuma.blog120.fc2.com/tb.php/60-cbdb48ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



来亭カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログランキング

ブログランキングに参加しました。あまり、制度がよくわかっていませんが、どうかひとつ、ぽちっとな。

FC2ブログランキング



プロフィール

トクマ法師

Author:トクマ法師
ナフザンス法定大学教授(不穏分子因果論)



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。