トクマ亭?読書・社会科学・・・
このブログは、僕が読んだ本の感想をはじめとして、社会科学について、現代の政治や経済についての意見等を書いていくつもりです。日記に関する意見などは、どんどんコメントしてください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日銀総裁空席
連日のニュースによってもよく知られているように、戦後初めて、

日本銀行の総裁が空席になります。

この影響が市場にどのようにあらわれるか注視したいところです。

どうしてこのような事態になったのか。まず、民主党の心理から見ていきましょう。

 民主党は、武藤総裁案否決の際にも示したように、「財政と金融の分離」を主張しています。
たしかに、世界的に見ても、中央銀行の独立性は、金融政策を行う際に非常に重要な意味を持って
います。この主張は、この点だけ見れば、正しいものと言えるでしょう。

しかし、世界に目を向ければ、財務省出身者で、名総裁と言われた方が何人もいらっしゃるようです。
つまり、「財務省出身者」というだけで、総裁になる権利を失わけるのは、人材の活用などの面からみても、いかがなものかということもできます。財務省出身者でも、きちんと立場による判断ができるだろうという意見もあります。(僕自身は、この意見は少し甘いと思います。長年過ごしてきたところの習慣に、人間というのは、慣れてしまい、それが普通になるものなのです。)
さらに言えば、サブプライムローン問題とその波及で大変な時に、日銀総裁空席は、内外に多大な影響を与えることになるため、多少意見は違っても、通すべきだという意見もあるようです。(これについても、この意見を通して、民主党議員にも関わらず、田波総裁案に反対しなかった議員がいるようです。僕は、政治取引か何かをして、結局民主党も賛成してしまうのではないかと思っていましたが、一応政権を目指す党としての自覚を持ち、その資格は保ったようです。)


逆に、自民党の心理から見ていきましょう。
我々国民から見ていて、最大の謎は、福田総理が、なぜそこまで財務省出身者にこだわるのかというところです。民主党は総裁が財務省出身者(特に次官)なら受け入れがたいと言っていたにもかかわらず、どうしてこうした人事を提示したのかということです。

これには、二つ理由があるようです。
ひとつは、歴代の日銀総裁の出自。大蔵→日銀→大蔵→日銀と、順番になっていたのです。そして、今回は、財務省の番。福田総理は、あの性格からして、こうした慣習を壊すのがいやだっただろうし、財務省もつぎはうちという気になっているから、余計に変えがたかった。
いまひとつは、ねじれ国会と政府ー省の関係。万一、日銀総裁に非財務省出身者を提示して、通った場合、財務省に政権がそっぽを向かれてしまう可能性がある。そうなれば、民主党とのねじれ国会でヒーヒー言ってるのに、自分の手足ともいうべき省庁まで動かなくなっては、ハッキリ言って、政権におさまっていることのほうがおかしくなる。
こうした背景があるようなんですね。

何にせよ、今、日本の円は、世界的に見て、魅力が失われつつあります。そこにこうした事態が起こると、日本への信用が大きく落ちてしまうのは間違いないでしょう。
「金融で、落ちぶれつつもキラリと輝く国」、日本の実現は、かなり遠くなったと思います。
スポンサーサイト

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://dokusyo1tokuma.blog120.fc2.com/tb.php/46-e2a261d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



来亭カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログランキング

ブログランキングに参加しました。あまり、制度がよくわかっていませんが、どうかひとつ、ぽちっとな。

FC2ブログランキング



プロフィール

トクマ法師

Author:トクマ法師
ナフザンス法定大学教授(不穏分子因果論)



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。