トクマ亭?読書・社会科学・・・
このブログは、僕が読んだ本の感想をはじめとして、社会科学について、現代の政治や経済についての意見等を書いていくつもりです。日記に関する意見などは、どんどんコメントしてください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国家による生活態度改善指令
さてさて、久しぶりの日記となってしまいました。当亭主、トクマです。

おとつい(08/4/27)、山口県衆院補欠選挙で、民主快勝・自民惨敗という結果になりました。

敗北要因を、自民党側は、「後期高齢者医療制度」に求めようとしています。

同制度の影響は、正直かなりのものがあったと思いますが、道路問題、福田総理の外交姿勢な

ど、政府がこの選挙を機会に認識を改め、態度を改めなければいけないところは、多くある

ように思います。

さて、今回は、「後期高齢者医療制度」と4月から始まった「40歳以上、健康診断義務づけ」について。

この二つの制度、どちらにも共通しているのは、「社会福祉費用増大防止」と言う点です。政府目標である2011年度の国・地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス)黒字化、実現のため、また、今後の医療制度崩壊を食い止めるため、社会福祉費用の増大を防止しようと考えているのだと思います。長期的視野に立った政策だと思います。

費用負担を将来世代だけに押し付けるのではなく、現代の世代にも負ってもらおうという考え方ですが、それは、国民が言う、道路特定財源批判(将来世代に借金を残すな)とあまりかわりません。

国民やマスコミは、この点にあまり触れていないように思います。

さて、その上で。両制度について、考えてみたいと思います。
これらは、どちらも、「今後の医療制度崩壊を食い止めるため」とかきましたが、それは、健康保険費用の削減ということだと考えているのでしょう。健康保険費用の削減のためにどうしたらよいか。医療器具を何とかするとか、人件費を抑えるとか、地道な対策は、いくらかあるでしょう。
しかし、国、つまり官僚は、もっと根本的な解決策を考えた。
「国民を健康にして、病院の利用を減らす」というもの。

そのために行われたのが、「健康診断義務化」。実は、これに引っかかった人は、国から生活態度是正の勧告のようなものを受けるらしい。こうすることで、大人が、これから病気になるリスクを減らそうという考え。
もう一方の、後期高齢者医療制度のほうは、高齢者にも医療費を負担してもらって、医療制度をより安定化させることが、もちろん主眼なのでしょうが、その効果の一つとして、「老人があまり病院を使わなくする」ということがあげられるでしょう。

これは、こういうわけ。後期高齢者医療制度の開始によって、年金からの天引きが始まる→老人は手元に入ってくるお金が減る→病院に行くお金を減らすということ。

これら、2制度は、国が、国民に、生活態度を改めるよう、制度によって指示したようなものです。今までなら、TVを通じた、「運動」という形が多かったように思いますが、事態はここまで急を要しているということなのでしょうか。政府が、あからさまに国民の生活に関与してくるなんて、珍しいことなので、驚いた次第です。

さて、この制度、また、国のこうした姿勢、いったいどうしたものか…。
許されるのか、しかたないのか、許されないのか…。


一つ言えるのは、後期高齢者医療制度をつくった人は、やはり現状を見きれていない。
この制度をつくることで、自らの生活を改善し、毎日ジョギングするとかして、プラスに働かすことのできる人にとってはいかもしれません。
しかし、世の中には、そうはできない人も多くいて、実際に生活が暗くなってしまう人もいるということ、そして、そういう人が本当に「死」をも考えるということを、忘れてはいけないし、そこにも目を向けなければいけない。
国とは、やはりそういう存在であってほしい。

スポンサーサイト

テーマ:思うのは私だけ? - ジャンル:政治・経済

しばし・・・
最近、更新できていません。

新学期に入って、大学のほうが忙しくなってきたからです。

そのため、日経連動コラムのほうも、あとしばらくお休みをいただきたいと思います。

来週くらいには帰ってきたいと思いますので、

今後ともトクマ亭をよろしくお願いしますm(^^)m
司馬遼太郎  『竜馬がゆく 六』
この巻は、竜馬の一番竜馬らしいところが書かれている巻であり、

もっとも有名な話が多い巻である。

戦雲 
薩摩行
希望
三都往来
秘密同盟
伏見寺田屋
霧島山
碧い海
海戦


薩長同盟締結
寺田屋事件(竜馬が襲撃された事件)
妻・おりょうとの新婚旅行
幕府との海戦
   ・
   ・ 
   ・
こうしたエピソードは、あまりにも有名である。
また、小栗上野介の登場は、北方「水滸伝」における李富や聞煥章といった好敵手を想起させる。

竜馬による一回目の薩長会談が失敗に終わったとき、桂小五郎に言った言葉がある。
「できる。おれが土州の連中を中心に亀山社中をつくったのもそれがためだ。おれの社中を中心に、薩長が手をにぎる。つまりまず商いの道で手をにぎる。そこでおたがいの心底がわかれば、同盟ということになる。」

この発想は、江戸時代末期の当時だけでなく、それまでの日本人の考え方からしても、「異常」と言われても仕方のないくらい、斬新な発想だったとおもう。現在でもそうだが、江戸時代では、特に、商人や商売はそれほど高貴なものとは思われず、むしろさげすまれてきた。

しかし、竜馬が注目した「利益」というものは、竜馬のこころざす「理想」と当時の時代状況をつなぐ「かけはし」となった。こういうところが、「理想主義と現実主義の両方をわきまえている」といわれるゆえんだと思う。
そして、僕はこの「利益」や経済、金融というものの可能性を信じてみたい。利益というもの、そしてそれを得るために避けて通れない「競争」というものは、人間をつきつめたところに今も厳然としてのこる本能の一部である。それは、「理想」や「こころざし」といったものよりも、より深い、本能に近い所にあるのではないか。そして、それゆえに、感情的にはくっつくはずのなかった薩摩と長州が同盟を結ぶためのファーストアプローチ(第一段階)として活躍できたのではないか。
これは、現在のEUを見てもよくわかる。共同体など形成するはずがないと思われたドイツとフランスをはじめ各国が、EUに参加している。それにはもちろんいろいろな理由があろうが、ひとつには、経済的な利益をまず、共有するところから始めたというのが大きい。そして、ある程度結束ができてきたら、先のリスボン条約にあるように、政治的な統合も眼中にいればじめることができるのである。

経済にはこういう力もある。


[READ MORE...]

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



来亭カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログランキング

ブログランキングに参加しました。あまり、制度がよくわかっていませんが、どうかひとつ、ぽちっとな。

FC2ブログランキング



プロフィール

トクマ法師

Author:トクマ法師
ナフザンス法定大学教授(不穏分子因果論)



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。