トクマ亭?読書・社会科学・・・
このブログは、僕が読んだ本の感想をはじめとして、社会科学について、現代の政治や経済についての意見等を書いていくつもりです。日記に関する意見などは、どんどんコメントしてください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

官僚たちの夏 終了に寄せて
こういうことをしていいのかわかりませんが、日経新聞のコラム(選挙前)を丸々抜き出してみたい。



『下村治博士に学ぶ』
日本経済は今後、どのように動いていくのか。この問題を考えているときに大事なのは、「日本経済の基調とその成長力」をどう見るかである。
 日本経済の「高度成長」を予見し、池田勇人内閣の「所得倍増計画」を理論的に支えた下村治博士の著作集を久しぶりに開いてみた。「日本経済の基調と…」という表現は、博士が1959年(昭和34年)2月に書いた論文のタイトルから借りたものである。
 当時、政府は戦後復興期の終了とともに、日本経済の成長力は屈折するという考え方を基本にした「新長期経済計画」を実行に移していた。企業は、積極的に近代化投資を推し進めていたが、政府の見解は経済の成長力に適合しない過剰投資であり、国際収支悪化要因にすぎない、というものだった。
 下村さんは、この論文でこれを真っ向から批判した。企業の自由で創意あふれる設備投資こそ成長力を供給面から高める最大要因であり、日本経済は歴史的な成長期を迎えたのだ、と説いている。そのうえで、経済の動向は需要の方向によって決定されるとし、「その方向は民族の進むべき方向についての高い識見あるいはビジョンによって指導されるべきものである」と述べている。
 時代は博士の予見通りに動いた。政府はもちろん世の中の大勢は日本経済の「基調」を見間違えていたのである。
 現在はどうか。人口減少と高齢化、財政難とさらに厳しい世界同時不況で、先行き悲観論が大勢を占めている。昭和30年代初めのように、成長屈折論が言われている。本当にそうなのだろうか。
 当時のような国際収支の制約はない。企業の活力、技術革新力はどうか。
 ソローの成長会計を用いて生産要素の成長率への寄与度を簡単に試算してみた。それによると全要素生産性(経済全体の技術水準)の上昇率の寄与度が高まっており、2007年までの景気回復過程の経済成長率の70%以上が生産性の上昇で説明できるという結果がでた。 企業のイノベーションには十分期待できるわけだ。労働力の減少は生産性の上昇でカバーできる可能性が高い。問題はそれに見合う需要の方だ。下村博士は需要の勃興は「民族の進むべき方向についての高いビジョン」を指導者が打ち出せるかどうかにかかっているとみた。投票の際によく考えてみよう。


これは日経新聞の大機小機というコラムからの引用です。このコラムは、主に経済の話題についてですが、ちょっと見ない論点で、執筆者の「意見」や「見解」見ることができるので、非常にいいコラムだと思います。

後半のこの作者の話は、はっきり言ってどうでもいいです。今回は。

ここで紹介した下村治博士は、題からわかるかと思いますが、「官僚」の方でした。大蔵省に入られて、日銀の政策委員なども務められた方です。
僕にとって経済エコノミスト、もしくは官僚と聞いて一番に思い出す、人物です。
彼の偉大なところは、日本の高度経済成長を予見したという、そのことにとどまるところではないと思います。
彼は、まず経済学者として、理論を専門にした方でしたが、一流の頭脳を持っていました(こんな表現しか思いつかなかった…)。しかし、それでいて、(その発言や行動からわかるように)強い信念を持った人でした。
頭のいい人なら、東大にでも行けは今でもたくさんいるでしょう。そこに強い信念を持ち、実際に行動した。そこにこそ、彼の魅力がある。
(社会(科))学者は、その頭脳が優れていないとなることはできない。ただ、それゆえに、自らの研究や学問が一体どのような目的、いや、どのような日本を創るために役立つのか、を真剣に考え、心に持たねばならない。
そこにこそ、学者の真髄があるのであって、それの見えない学者は、たとえ有名になろうとも、たとえ高い評価をされようとも、私の私見では、学者とは言い難い。それがないものは、学者を名乗る資格はない。
長い人生、輝けるときはほんの一瞬。その時に自分の中で、最もいい輝きをするために、そして、歴史的にみて、将来的にみて、最も有用な形で、輝くために、努力を積み重ねていくべきである。そう思う。
 
 日本の官僚は優秀である。これは、世界に通用する言葉らしい。僕は、それを本当に有効に活かすべきだと思うし、そうしてほしい。議員のくだらない国会答弁を作るためにそんな能力を使ってほしくない。今の官僚に志があるのか、それは知らない。ただ、今回のことで新風が吹いたのは間違いない、と思う。これを活かしてほしい。
 藤井財務大臣。発言の端々に知的教養が感じられる。歴史をしっかり勉強しているようでもある。非常に人間的に魅力的な人だ。ああいう人の話を何時間でも聞いていたい。そういう人はままいるものではないから。
 竹中平蔵先大臣。彼のやった改革については、議論が分かれている。彼のしたことは、本当に良かったのか、本当に悪かったのか。今の私たちではなく、50年もしくは100年先の学生に聞いてみたい。教科書にはどのように描かれているか。

 
スポンサーサイト

テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

番外編
いや?

いろいろと。まあ、忙しいはずなんですが、

いろいろと、今まで、ブログに書いてたこととかかなくなると、それはそれで、

不満というか、もやもや感は、たまるもので。

別に、ブログ復活というわけじゃないんですが、(てか、ほんとに、移転するつもりです)

ちょっと、言いたいこと、書かせてほしい。


本読みたい。
こないだも、リサイクル展的なところで、古典・文学系の本を中心に、結構多くの本を手に入れてきた。
でも、あまり時間ない。そんな暇あったら、やるべきことをやるべき。

勉強もしたい。
最近、忙しいことは、忙しいけど、勉強はしてない。
それほど、大好きってことは、ないけど、やっぱり知的刺激がないと、厳しい。

ぱぁーっと、旅行でもしたい。
そう思う。いろいろと。

雨はいや。

なんか、とりとめもないことばかり書いてるけど、まだ続けてみる。


最近話題のニコ動 歌ってみた。ゲーム実況。

いろいろ熱い。でも、メリハリ大事。
それから、カラオケでもいって、ぼかろ曲歌ってみたい。むちゃくちゃだろうけど。

びしっとしましょう。

いろいろと。

ゆったり、ぼーっとは、びしっとした人の特権。


れ、れ、れ、のれ?


re:
ハタケ@疲れた男
使徒
海賊王
事務員G
・・・
みんながんばれ?


oおしらせo
どうも、当亭の亭主 トクマです。

ご存知のとうり、最近どうも更新ができていません。

個人的なプライベートが忙しいということもあり(僕が忙しいと思っているだけで普通の人から見たらそうでもないのでしょうが)、
当亭のコンセプトである、できるだけ真面目な話題を、自分なりの視点から発信していくという内容を述べていくのが、今は難しくなりました。

このまま、頻繁な更新をあきらめ、暇ができた時に書くという選択肢もあるわけですが、それでは中途半端な行為になってしまいます。

なので、一応、今日をもって、当亭は休亭させていただきたいと思います。

今まで、当亭にいらしていただいていた方には、本当に申し訳なく思っています。そういう方は、僕は、mixiの方では、とりとめのない話をもっと軽い感じでしておりますので、もし興味のある方は、コメントを頂けると、確認次第、アポを取らせていただきます。

来年の後半には暇ができますので、その後、FC2からの移転も視野に入れて、復亭できれば、と思っています。

勝手ですが、よろしくお願いします。

また、お会いできることを。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

そういえば・・・
そういえば、9/26日は、当トクマ亭の1周年でした????(>3<)≡3�C�`�S�P�[�L

ということで、今までのメニュ?(ブログの日記)を振り返っておきます!!

書評
「教養」とはなにか        書評 9/26
翻訳語成立事情          書評 10/8
「知」のソフトウェア       書評 10/11
ぼくはこんな本を読んできた    書評 11/16
世界がわかる現代マネー6つの視点 書評 12/20
金融マーケット入門        書評 1/11
落日燃ゆ             書評 3/4 
日本興業銀行 第一部       書評 3/6
異文化世界            書評 3/13
竜馬がゆく 一?八        書評 3/11
                 書評 3/13
                 書評 3/18
                 書評 3/21
                 書評 4/6
                 書評 3/31
                 書評 7/20
構造改革の真実竹中平蔵大臣日誌  書評 5/9
高橋是清ーー日本のケインズ    書評 5/16
源氏物語の世界          書評6/9
ゲド戦記 影との戦い       書評 8/30

続いて、日経新聞連動コラム
国家マネー?世界に広がる影響力? コラム 2/29
21世紀と文明?危機を超えて?  コラム 3/7
                 コラム 3/14  (つづき)
「躁」の時代 「鬱」の時代    コラム 10/1

さて、次はニュース。まあ、その中でも、また後で見てもいいと思うものを集めました。
あえて言うと、ニュース?トクマ選
国の安全保障について       防衛省不祥事 11/18
万能細胞の開発について      山中伸弥教授 iPS細胞開発成功 12/4
国家による生活態度改善指令    衆院補欠 後期高齢者医療制度 4/23
niconico summer live 2008    ニコサマライブ 8/26



ちょ、今回は疲れたので、ここまで。
この日記に、 経済  農業・環境系 思うこと の項目の整理を追加しますので、よろしく?

テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

すいませんね?
なんか、書きかけの記事が出てしまってたようで。

手違いでした。すいません。

いま、精力的にマクロ経済学復習中。

なんか、忙しい。

しょうもないこともやってるからやろけどな?

テーマ:日記 - ジャンル:日記



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



来亭カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログランキング

ブログランキングに参加しました。あまり、制度がよくわかっていませんが、どうかひとつ、ぽちっとな。

FC2ブログランキング



プロフィール

Author:トクマ法師
ナフザンス法定大学教授(不穏分子因果論)



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。