トクマ亭?読書・社会科学・・・
このブログは、僕が読んだ本の感想をはじめとして、社会科学について、現代の政治や経済についての意見等を書いていくつもりです。日記に関する意見などは、どんどんコメントしてください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーシュラ・K・ル=グウィン   「ゲド戦記 『影との戦い』」
文学とは、「個たる人間の根源においてその社会、世界、宇宙とのつながりを全体的に把握しながら、人間であることの意味を認識してゆこうとする言葉の作業である。」といわれます。『影との戦い』に始まる「ゲド戦記」三部作はまさにこのような意味において真の文学と呼ぶべきものであり、ファンタジーの可能性を改めて世に示した作品といえましょう。
     ?????解説より  清水真砂子

父が文化人類学者、母が作家という家に生まれた作者が、世に示した世界のファンタジー小説の傑作。

『影との戦い』について、解説はこう記しています。
ゲドは魔法の修行中、おごりと妬みの心から死の影を呼び出し、その陰に追われてさまよいますが、師と仰ぐ魔法使いの言葉に従って、ある時を境に逆にその影を追うようになります。追いつめていった世界の果てで何が起こったか。ゲドがついに手にしたのは勝利でも敗北でもありませんでした。彼は己の名をになう影を自らに吸収して一体となります。ゲドはそうなって初めて全き(まったき)人間になったのでした。

アメリカの作家で、批評家であるエリノア・キャメロンは、心理学者ユングの説をひき、ゲドを苦しめた“影”はふだんは意識されずにある私たちの負の部分であり、私たちの内にあって、私たちをそそのかして悪を行わせるもの、本能的で、残酷で、反道徳的なもの、言い換えれば私たちのうちにひそむ獣性とでも呼ぶべきものではないか、と言いました。
もちろんこれは、一つの解釈にすぎませんが、たしかに人は誰も、自我に目覚め、己の内なる深淵をのぞきこんだその日から、負の部分である影との戦いを始めます。それは否定しようにも否定しえない自分の影の存在を認め、それから目をそむけるのではなく、しかと目を見開いてその影と向かい合おうとする戦いであり、さらにその影を己の中にとりこんで、光の部分だけでなく、この影の部分にもよき発露の道を与えてやろうとする戦いです。
困難な戦いですが、それはおそらく戦いぬいて初めて私たちの内なる平衡は保たれ、全き人間になることができるのでしょう。

昔、中or高校生の時に読んで以来、2回目です。ゼミの先生とゲド戦記の話で盛り上がり、また読んでみようという気になりました。
僕にとって、大切な本の一つです。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

司馬遼太郎  『竜馬がゆく 七 八』
お久しぶりです。
ついに、「竜馬がゆく」読み終わりました!!

坂本龍馬。そのひとの人生を振り返るに、やはり、筆者も書いているように、

彼が日本に存在したこと、それも幕末の風雲に存在したことは日本にとって、一種の奇跡だった。

薩長同盟の仲介をしたり、大政奉還をなさしめた。
それこそが、坂本龍馬の功績と、こんにちは言われている。
しかし、私が思うに、その功績の内実は、もう少し人間臭いことなのだろうと思う。

維新志士。当時の情勢でなおかつ、武士という生き物であり、はやる気持ちを止められなかったものが多い。それがために、命を落としたものは数知れない。
しかし、龍馬はやはり遠くを見ていた。藩を超え、国を超え、世界を見ていた。当時の時勢において、つまり幕府を御公儀様と呼び、幕府があって当然と考えられていた時代にこれはすごい。
「龍馬は当時唯一の日本人だ」と時に言われるが、それは、これを指す。なぜなら、西郷や大久保といった、当時龍馬とともに活躍した志士たちとても、「幕府を倒すこと」しか見えておらず、それはすなわち幕府を目の前において、自らの立場を主張しているだけで、その点からいえば、佐幕派と、何ら変わりはない。事実、大政奉還後、明治新政府が出した「五カ条の御誓文」は、多くが龍馬の『船中八策』をもとに、というかそれをそのまま用いている。明治政府の基礎を作り上げたのは、西郷でも大久保でも、岩倉卿でもなく、龍馬なのである。西郷らには、幕府を倒すという思想はあっても、その後の日本をどうするかという考えはなかったのである。筆者は「へたすれば、島津将軍や毛利将軍ができるかもしれない」と、竜馬に語らせている。龍馬は、高名な歴史家のような視点を持ち合わせていた。

そうした思想をもち、海に出たいという目標を持っていた。もし龍馬が生きていれば、日本最大の商社グループが存在していただろう。彼の死後、その遺産等を引き継ぎ成功したのが、岩崎弥太郎「三菱」であった。むろん、岩崎にも才能はあったからだ。三菱はそれでも、日本で最も重要な位置を占めるグループとなっている。いわんや、龍馬をや。

とにかく、龍馬は、当時のはやる志士をなだめ、人の心を大切にして、ことをなした。ただ、上述のような歴史的業績をつくったのではなく、人心(特に、明治後、政府中枢に入る人たち)に影響を与えた。
彼の死によって、歴史は少しずれた。彼は、無戦革命を目指していた。正確には、戦はしても、内戦は起こすまいと考えていた。しかし、史実では、鳥羽伏見の戦いが起こった。また、彼が、維新前語っていた、上下議院の設立も大幅に遅れた。維新政府の当初は、大久保政権といわれる、一種の独裁があった。藩閥もあった。それは、しかし、後に、旧土佐の板垣らが、龍馬の意思を継ぐ形で、議院の設立を実現させる。

また、この小説を読んでいて面白く感じたのは、「幕府の衰亡」ということであった。
幕府は、本当に滅亡しなければ、いけなかったのか。なぜ、その流れを止められなかったのか。
どこかで、諸行無常の鐘の音が聞こえるからか…。物理てきな問題点は、おそらく、研究すれば、山ほど出てくるだろう。しかし、それに対する対応策も出すことはできるのではないか。とすれば、真に幕府を滅亡させたのは何か。歴史の流れか、人の心か…
しかし、そうした、幕府についても、竜馬はおもしろいことを述べている。
「家康が乱世をおさめて三百年の泰平の基礎を築いたのも、歴史への功績である。いまその世襲政権をみずからの手で終熄させ即座にあたらしい歴史を打開するとすれば、家康以上の大功であり、徳川家は二度にわたって歴史に貢献することになる。思うてもみられよ、古今東西、兵戦を用いず乱をおこさず、ただ国と民のためのみを思ってその政権を他に譲った例があったか。本朝にもなく、唐土にもなく、西洋にもない。そのかつて無かった例を日本においてひらく名誉を徳川家はもたれよ。」
竜馬が徳川慶喜に説きたいと言って、でた心内文である。
たしかに、史実そうなり、日本人には、(大阪人は、徳川家康が嫌いな人が多いが、)徳川幕府を悪くいう人はいないのである。

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

日向一雅  『源氏物語の世界』
みなさん、高校の古典の授業なんかで一度は触れたことのあるであろう、紫式部 著、「源氏物語
の内容・解説の本です。

源氏物語は、「光源氏の生涯を中心にして、年代記的にいうと源氏の両親から孫の世代まで四世代、七十余年にわたる長編物語」です。
古典の教科書とかに出てくるのは、最初の方だけ。光源氏が大人になって、権勢を恣にしているとこは、あまり世間には知られていません。

物語は、光源氏の成長と苦悩を軸に展開していきます。しかし、この物語の本当の主題は、
当時の不安定で、うつろうしかない女性の生き方を問いかけること。特に、宇治八帖と呼ばれる巻はその傾向が強い。

また、当時のものの見方というものがよくわかります。
当時の人々には、あらゆるものを「分かろう」「知ろう」という現在の、科学的な見方は、小さなものです。それよりも、あらゆる事態をもっと大きなものーつまり、人のあたまよりもおおきなものーで理解しようという心情があふれています。
例えば、
罪の意識。源氏が帝の妻になる人と、一夜を共にした事件。この事件をきっかけに、源氏は対抗勢力の計略もあって、罪に問われることとなる。しかし、源氏は流罪となることを恐れ、自ら須磨に退去してしまう。
この事件に関して、源氏は無実を訴え続ける。彼が、朧月夜(朱雀帝の妻)と一夜を共にしたことは事実なのだが、彼は、そのことにほとんど(現代で言う)罪の意識は持っていない。それよりもむしろ、「前世からの罪の報い」というもの、「天眼(てんげん)」によって見通されていることを恐れた。

とにかく、これだけの物語を書き上げるというのは、すごいことだと、肌で感じた。限られた登場人物の中で、当時の考え方や生活の様式などをぎっしり詰め込んで、その上でなおかつ、筆者の言いたいこと、問いかけたいことも重要要素として物語を構成している。

時代によって、考え方はもちろん違う。しかし、考えることは同じで、頭の良さも、大して変わらないのだと言うことを再確認できた。

当時の貴族社会では、和歌を詠むこと、教養を持つことは生きていく上での常識だった。
今を生きる人たちも、今とは違う考えを知る(でも、それは私たちの祖先が実際に生きて、楽しんで、感じていたことだ!)という意味でも、教養を持つという意味でも、

もう一度、源氏物語。触れてみることをお進めします。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

後藤新一  『高橋是清ーー日本の“ケインズ”』
今日は、授業の期末レポートを作るために読んだ本。
引用がおおくて、少し読みにくいところもあるかもしれないけど、高橋財政のこと、日本が戦争に向かっていった背景が(財政面から見て)よくわかる。

目次
1部 金融危機高橋是清
 1金融恐慌の勃発
 2難局に処す高橋是清
2部 金解禁高橋是清
 1浜口内閣の金解禁
 2金解禁高橋是清
3部 赤字国債と高橋是清
 1金輸出再禁止と高橋蔵相
 2赤字国債と高橋蔵相
付表 高橋是清の大臣歴

時代を追って金融恐慌の発生から、金解禁、そして金輸出再禁止、そして放漫財政、赤字国債、二・二六事件まで。重要事項を中心に、その考え方や具体的な数字、回顧録などの資料を頻繁に用いて、しかしそれでもわかりやすく述べてくれています。高橋財政を概括的に学ぶには最適の一冊ではないでしょうか。

 当時の蔵相(高橋是清を中心に。)の財政に対する熱い思いと信念が伝わってくるよう。
金解禁を実施し、緊縮財政をして産業合理化をなさしめんとした井上準之蔵相。これは、当時の人々に大きな負担を負うことであった。しかし、浜口首相はラジオで国民に訴えかける。
「…けれどもこの緊縮、節約、金解禁のためにおこるところの不景気は、これは一時の不景気でありまして、この一時の不景気を乗り切ることによって、始めて本当の景気の回復が期し得られるのであります。………即ち財政の緊縮といひ、勤倹力行といふことも、畢竟するに将来大に伸びんとするために一時屈するのであります。我々は国民諸君と共にこの一時の苦痛を忍んで、後日の大なる発展を遂げなければなりませぬ。」
 
 また、井上らの政策は結果としてうまくいかなかったが、それを受ける形で登場してきた老翁・高橋是清は、すぐさま金輸出再禁止を行う。そして、有効需要創出のため、農村不況を脱するため、時局匡救費として、膨大な予算を組み、赤字国債を発行した。彼がそれらを日銀引き受けにしたことが、後に戦争に向かう一つの要因と言われるのも、このことである。
 ところで、しかし、こうした政策は、すぐ後にケインズによって唱えられる説であるが、当時の老翁・高橋是清はケインズの域にまで達していたことを示し、日本が他の先進諸国に先駆けて恐慌を脱出できたのも、この大臣によるところが大きい。

そして、景気が回復し、赤字国債が国の負担となり始め、悪性インフレの危機迫る頃、高橋蔵相は軍事費の抑制に取りかかる。
「唯国防のみに専念して悪性インフレーションを惹き起こしその信用を破壊するが如きことがあっては国防も決して安国とはなり得ない。」
との考えを持って、軍部の要求を退け、財政健全化に向かおうとしていたまさにそのときに、彼は二・二六事件によって、なくなったのである。

評価も分かれると思うが、そこにはあの苦しくて、大変な時代を生き、そこになんとか光明を見せようと努力した老蔵相に敬意が伴っていなければならないと思うのである。

高橋是清―日本の“ケインズ” (1977年) (日経新書)高橋是清―日本の“ケインズ” (1977年) (日経新書)
(1977/06)
後藤 新一

商品詳細を見る

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

竹中平蔵 『構造改革の真実 竹中平蔵大臣日誌』
久しぶりの書評です。なんやかんやとほんを読んでることは多いんですが、授業のために一部しか読まなかったり、授業のテキストだったりするんで、はっきり言って書評しにくいんですよね?。今回の本は、ゼミの昼休み読書会(先生は、ブランチ…って言ってました)で、発表した本です。

目次
序章  改革の日々が始まった
第1章 小泉内閣という”奇跡”
第2章  金融改革の真実ーー”不良債権”という重荷
第3章 郵政民営化の真実ーー改革本丸の攻防
第4章 経済財政諮問会議の真実ーー政策プロセスはどう変わったか
終章  日本経済二つの道

題名から見てわかるように、竹中平蔵元大臣が、小泉元首相と歩んできた構造改革の内容と裏側について、各ポイントごとに書いてくれています。構造改革の内容の所は細かい用語などが入ってきて少しややこしいですが、そうした(経済や)政策面だけでなく、政策が決定するプロセスまで書いてあって、結構読みやすいと思います。

この本をよんで感じたことを何点か、ピックアップしておきます。

官僚は日本でもよりすぐりの精鋭であるにも関わらず、動きが悪い点
これについて、大臣は「官僚機構独特の『無謬性』」をあげています。これは、過去に行い、そうすれば必ずうまくいくと言ってきた手前、今ある問題点を認めようとせず、過去の政策を正当化しようとしてしまうことです。官僚のプライドが災いしているのでしょうか。こうした点は、外にいる人間には全くわからなかったことなので、勉強になりました。この点については、小泉氏や竹中氏は自分の前で、官僚と(改革派)専門家を徹底討論させ、その上で、自分が決定するというスタイルをとることによって、無謬性の呪縛から解放していました。しかし、これでは、最初になぜ官僚が間違った政策をとってしまったのかという点に対する構造的な問題点はわからないままです。また、こうした実態は官僚だけでなく、企業などにも多少はあると書かれていました。

・戦略は細部に宿る
どうも日本では、政治主導でものごとが進まないな。と思う方にはこの点が大切だと思います。つまり、強いリーダーシップをもつ総理が現れて、政治が大枠を決めることができるようになったとしても、細部の基準や言葉の切れはしを書いたり決定したりするのが、官僚なら、そこにはやっぱりマイナスの(官僚の主張する)バイアスがかかってしまうということです。この点に対しては、竹中氏は、まず、秘書らと「裏会議」を行い、その後民間議員などに説明して、同意を得、その後諮問会議などでその議題を持ち込む。さらに最後に「総理の一言」を加えてもらうという念入りなプロセスを踏んでいました。そのため、細部にわたるまで大臣側が決定することができ、素早く改革を進めることができた。

・ブレーンの必要性
総理大臣というのは、こうした政策を安全保障から外交から経済から何から何まで知っていないといけない。そんなこと細部までは不可能に決まってる。大枠でそうしたことを理解し、細かいところはブレーンにまかせるという姿勢が、改革をスムーズに進める秘訣。これは、大臣レベルでもそう。大臣も個人ブレーンを持つべき。そうしたところに、学者は進出していき、「政策専門家」の枠を広げるべき。

・予算プロセスの変化
今まででは、予算については、財務省の影響力が大きく、政策決定=予算決定のような有様だった。しかし、経済財政諮問会議が有効に活用されるようになって、政策決定は「骨太方針」で、国家として全体的に決定できるようになり、予算決定は、骨太方針に従って、マクロ経済との関係を考慮しつつ決定できるようになった。これによって、トップダウン式の予算設定が可能になった。しかし、この諮問会議は森内閣の頃からあったことを考え合わせれば、やはり総理や経済財政担当大臣などが、相当情熱をもち、政策専門家を駆使して、しなければ、小泉内閣時のような有効活用は難しいかもしれない。

と、こんな感じです。たしかに読みやすいですし、学問と政治の間に何があるのかというのもよくわかります。しかし、ここまで、自信たっぷりに話すところや、Yes-Noに分けての話し方(抵抗勢力と言った言い方など)、腹が立ってくるのも確かかもしれません(笑)

[READ MORE...]

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



来亭カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログランキング

ブログランキングに参加しました。あまり、制度がよくわかっていませんが、どうかひとつ、ぽちっとな。

FC2ブログランキング



プロフィール

トクマ法師

Author:トクマ法師
ナフザンス法定大学教授(不穏分子因果論)



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。